うつ病治療とはいったいどのようなものなのか、一般市民の目線からはなかなか分かりづらい事かもしれません。メンタルケアに関する様々な疑問や不安、それは誰もが抱えている問題です。うつ病に心当たりがある方、予防したい方も治療法については予めよく知っておきたいものです。

うつ病治療のカウンセリングについて

多くのメンタルクリニックでは、ドクターによるカウンセリングによってうつ病治療が進められます。カウンセリングではどんな話をするのでしょうか。一般市民でも果たして気軽に受けられるものなのか、そういった素朴な疑問を持たれる方々も多いかもしれません。

うつ病治療を受ける時期

心と体にちょっとした違和感を覚えるけれど、症状が軽い間にメンタルクリニックに行くのは迷惑になるかしら、こういった素朴な悩みをお持ちの方々、実は多いかもしれません。うつ病治療を受けるのに、適切な時期はいつなのでしょうか。

軽い症状でもメンタルクリニックは利用してOK?

軽い症状かどうかはドクターが決めること

『うつ病かもしれないけれど軽症なのでメンタルクリニックに通いにくい』と考えているのなら、迷わずに診てもらいましょう。症状が軽いかどうかはドクターが判断することなので、自身の勝手な思い込みで診察を受けないのは危険です。もしもかすると、症状が軽いと感じているのは自分だけで、世間一般的には重い症状かもしれません。もし、本当に軽い症状だったとしても、その段階で治すことがうつ病では重要だといわれているので遠慮する必要はないです。 なお、重くなってから診てもらおうとしても、予約がいっぱいで診察がしばらく先になるかもしれません。メンタルクリニックは混んでいるところが多いので、その点からも軽い症状のうちに診てもらうことをおすすめします。

どうしても迷ってしまうなら

メンタルクリニックは症状が軽くても利用できますが、それを聞いても迷ってしまう方もいるでしょう。そのときは、都道府県が用意してくれている精神的な悩みを相談できる電話窓口の利用を考えたほうがよいです。そちらで、現在の状態を話せば、メンタルクリニックを訪れるべきかどうかアドバイスをしてもらえます。うつ病ならば完全に放置をするのは危険なので、とりあえずでも電話窓口で相談してみましょう。無料で利用できるうえ完全に匿名なので、思っていることをどんどん話せるはずです。なお、窓口の電話番号は都道府県の公式ホームページに記載されているので探してみましょう。受け付け時間も載っているため、確実に相談したいのならチェックをしておくべきです。