カウンセリングはどの位の期間が必要?

人と接することから!楽な気持ちで、隔週で月に2回から!


うつ病とは、生活面でいくつもの枷となって目の前に現れます。特に物事の見方や考え方が偏ってしまうと、何かを決める時に正解の道ではなく、不正解の道を選んで進んでいく可能性もあります。そんな時、まずはカウンセリングを受けるという選択があります。毎週のようにカウンセリングを受けるのは大変ですし、経済的にも負担が掛かりますが、2週間毎に1回という間隔で受けるのであれば、月に2回か多くても3回ということになります。また、この隔週で受けるという方法により、定期的に外気に触れる、人と接することができます。他にも偏ってしまった思考に対して、カウンセラーという第三者の立場からアドバイスを仰げるようになります。ただ、どうしても堅苦しく捉えてしまうのであれば、はじめのうちは軽い気持ちで受けてみると良いと思います。

体調に合わせて、半年から1年ぐらいを目安に!


うつ病を治す一環として、カウンセリングを利用するのも一つの手です。この時、気になってしまうのは、始まりから終わりまでの期間ですよね。これは、体調面に合わせて前後してしまいますので、一概には言い難いです。ただ、精神的に不安が残っていたり、対人関係での緊張感が和らいでいなかったり、そういった場合には半年ほど様子を見る為に続けてみると良いです。カウンセラーに日頃の悩みを打ち明けてみても、他愛無い世間話をしてみても良いのです。大切なのは、焦らない気持ちです。張ってばかりの肩肘から力を抜いて、少しずつでも自分の中に溜め込んでしまった膿を吐き出すのです。そして、空っぽになった状態にして、新しいもので満たしていきます。1ヶ月や3ヶ月と短期間で終了することもあると思いますが、根を詰め過ぎないように半年から1年程度と猶予を設けるのも選択肢の一つです。