心に違和感を覚えた時は?

気づかないうちにSOSのサインが出ているかも?


最近食欲がなかったり、睡眠をとっても体がだるいといった症状はありませんか。引っ越しなどで明らかに生活環境が変わったり、仕事が過度に忙しいことを自覚している場合は、単純にストレスがかかって心や体が疲れてしまっているのかもしれません。仕事の重圧などから解放され、心身ともにリフレッシュを求めているのでしょう。原因がはっきりしている場合には、完全にくたびれてしまう前にきちんと休養をとり、元気とやる気に満ちた状態の自分を取り戻しましょう。疲れがとれ、一旦リセットすれば前向きな気持ちも戻ってくるはずです。誰にでも気持ちの浮き沈みや体調には波があり、ずっと100%の力で猛ダッシュし続けられる人なんて存在しません。「疲れたら休む」という基本を大切にしましょう。

病院に行くことは悪いことではない!


心身の疲れに対して原因が明確な場合は対処がしやすいでしょう。疲れの要因となるものを排除したり、一定期間距離を置く、といった対応で様子を見ることが出来ます。そういったケースとは違い、原因も分からず漠然とした不安に包まれたり、今まで自然にやっていた家事などが負担に感じるだけでなく、やらなければいけない!と迫られるような圧迫感があるようなら、一度まとまった時間をとって心身を休める必要があるかもしれません。何をするのも億劫だという状態が長く続くのは、健やかな状態ではありません。無理をせず誰かに相談しましょう。不安はそのままにせず、心療内科に相談してみるのも一つの方法です。上手な休み方を教えてくれるいい機会になりますよ。